10年間California(Santa Barbara, LA)在住、Food業界勤務後、現在横浜に在住中。Healthy, Organic food, Yoga, Beach & Lohas lifeを愛する。


by sbpoppy610
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Food( 17 )

d0173197_22554394.jpg

真鶴岬からスタートして、ハーブ&ヴェジランチをして、

ここ湯河原の柑橘問屋の”石澤商店”さんに到着♪

湯河原で採れる様々な種類の柑橘類が盛りだくさん!

大好きなOrange & Yellowカラーで気分も上がる。店頭のは一山300円、奥はKgで販売。

黄金柑や幻のオレンジとも呼ばれる、”ゴールデンオレンジ”をGet。

もう一種類は”清見”を購入。


d0173197_22564263.jpg
雨予報だったが、晴れてくれてよかった。 

California coastを思い出す

ドライビングコース。


d0173197_22571133.jpg
真鶴岬の公園にて。

日本ならでわの

松の間からこぼれる日差し。。


d0173197_231118.jpg


d0173197_2314573.jpg

公園の上から階段で下へ降りると見れる、澄み渡る、海の情景。


d0173197_22592466.jpg

真鶴岬という名前が、ぴったりはまる光景。。



d0173197_2323134.jpg

真鶴にある、ハーブの家庭料理をおもてなししてくれる ”ひるさいどはうす”にて。

こちらはVegan(ビーガン)ランチコースで最後にでてきた、デザート♪

マクロビオティックではおなじみのTofuを使った、柑橘系タルト&豆乳アイス。

やさしい風味でおいしくいただけた。

ローズハーブTeaはハーブ絵柄のステキなカップに注がれて。。


d0173197_2324830.jpg

最初に出てきた、ハーブサラダ♪

隣りのハーブ&野菜畑から摂れたてのホヤホヤ。

シャキシャキでフレッシュなハーブ&ヴェジたち。

さっぱりとした味付けをされて、玄米とTofu Dipと一緒に。

これだけで、かなりのボリューム!

普通Menuではアボカドがお魚の燻製になる。


d0173197_233926.jpg
ポテト&自家製フォカッチャのグラタン。

Ownerさんが最近よく使われるという

豆乳ヨーグルト、お餅とお味噌で作られた

Veganチーズクリームソースがたっぷり入り

さっぱりして、おいしかった☆


d0173197_2311138.jpg

斜面の坂をあがってレストランに行く途中に、様々な草花にあえる。

Ownerさんのやさしいお人柄が見えて

斜面の坂もあっという間に上っていける♪


d0173197_23113648.jpg

たてに長い斜面に広がる畑の一角。

生き生きと育つ、ブロッコリーたち。Ownerさんも♪


こちらはペンションも兼ねているので、これからの季節はおいしい食事に、

静かで、すばらしい眺めの”ひるさいどはうす”さん、オススメです。




d0173197_231532.jpg翌日のカフェ風ランチ♪ 

いただいたブロッコリーとディルをたくさん使い、ニンジンとブラックオリーブも入れて♪

自家製Seeds mix フランスパンに挟んで

サンドイッチ。

自家製紅茶マフィンにノア・レザン(レーズン&くるみ)。


d0173197_23161456.jpg
天然酵母パンと野菜のマリアージュは

最高においしい!

ちょっと雑にもるのがポイント♪


d0173197_2320915.jpg
Dinnerもハーブ&ヴェジで幸せ。。

ブロッコリーと菜の花パスタ♪

自家製塩麹入り。

My breadsを添えて。。


d0173197_23203410.jpg
サイドは、カリフラワーのマリネ、

2種豆とカボチャの温サラダ。


d0173197_23225130.jpg

今週平日後半の、横浜桜の様子。

この場所はかなり咲いていた感じ。

[PR]
by sbpoppy610 | 2013-03-23 15:17 | Food
d0173197_8421759.jpg

3月10日に開催されたすばらしいイベントー日本有数のワイン産地、

山形県のワイン造り手さん全11社が自慢のワインをお披露目!

各分野でご活躍のChef達が、山形の食材をつかったお料理を山形ワインと共に、

思う存分楽しめるイベント☆☆☆


こちらのお料理は。。”アル・ケッチャーノ”(Al-che-cciano)奥田Chefから。。

前菜の”バナナとルージュ”-Fishとバナナのコンビネーションが口あたりよく、

味つけはおおよそ少しのお塩で素材の風味をフンダンに生かして

舌に溶けていく感じ。ワインを引き立てるお料理に感動。。

メインはすっかり撮り忘れー”ゴボウのフォンデュータをのせた牛タン煮込み”

シンプルかつ、やさしい風味ですばらしくおいしい物だった。


d0173197_8454058.jpg

他にも山形のすばらしい食材や食器などが紹介されていた。

こちらは雪菜をはじめ、シルバーベルという洋なしに、山形産地のお野菜たちをご紹介。



d0173197_846383.jpg
手作り感たっぷりの”くだものうつわ”から。。

さくらんぼ、ラ・フランス、りんご、柿、くるみ、すもも、

さくらなどの果樹から造られる。。

寄せ木長方形皿、丸皿・ボール、お椀、

フォーク・スプーン・お箸など。。


d0173197_8462721.jpg
かわいらしい、ミツロウキャンドルたち。。


d0173197_8464776.jpg
”くだものうつわ”の寄せ木皿。

これはかなりお気に入り。


d0173197_8471235.jpg

”シニフィアン・シニフィエ”(Signifiant Signifie")-志賀Chefの2種類パン。

アヴェック ドゥ ヴァン ブラン。
アヴェック ドゥ ヴァン ルージュ。

それぞれ、違う種類のワインにあった風味。

ワインを引き立てる、ドライフルーツが引立っていたBread。

次も食べたかったが、一人一皿のみ。。

以前、三宿のお店にも足を運び、いくつか食べたが、すばらしくおいしかった。


d0173197_848045.jpg



d0173197_848524.jpg

”おむすび○△”大村 千枝子さんのおむすび2種類☆

外苑前から徒歩5分のこのお店は時々足を運び、お気に入り。

お店では、日本各地から選び抜いた素材を使った、シンプルなおむすび・お味噌汁(ワカメたっぷり)

メイン・お手製おしんこが定番のランチで用意されている。


d0173197_849574.jpg
ドライトマト&ディルと黒米のおむすび。

これも白ワインを引き立てる

名脇役といえるすばらしく素朴

かつ笑顔になれるおむすび☆




d0173197_8495360.jpg

カリフォルニア在住時は、大好きでよく洋ナシを食べていたが、

こんなに立派な洋ナシに出会うのは初めてかも。。!

国によって種類、味、大きさも違うのだな。。


d0173197_850657.jpg
立派なかぶたち。。


d0173197_8511373.jpg
庄内エリアのトークショーでは、奥田 政行Chefと

月山ワインの造り手さんがお話を繰り広げていた
(女性の方は別)。

庄内エリアがどんな気候で

どれだけワインによい環境か

おいしい食材が獲られるのか。。など

心から行きたくなるお話しであった。

山形も食材・ワインの宝庫なのだなと。


d0173197_8514382.jpg

スライドの画像がかなり薄くてみずらいが。。

今回のFoodが盛られていた、使い捨ての紙のうつわのご説明をされている画像。

環境に配慮した材料を使い、お料理を引立たせ、手にすっと馴染む、

すばらしいデザイン。とても使いやすい。これから東京でも大活躍する予感。。!

”WASARA" www.wasara.jp



肝心のワインは撮れず。。それだけ色々なワインが楽しめた♪ 

大きすぎず、ちょうどよいサイズの空間の中で、

焦らず自分のペースで選んでTastingできたワインはおいしくいただけた。

11社どれでもすばらしいワインであったが、個人的に”タケダワイナリー”さんのがお気に入り☆

来年もまた行きたい。。山形の生産者の方々、ありがとうございます!
[PR]
by sbpoppy610 | 2013-03-15 23:53 | Food
d0173197_01045100.jpg

ある日の試作ー紫いもモンブラン。

友人からのB.Dプレゼントで頂いた、お気に入りのCheese&Bread plateに置いて♪

もちろんナチュラルSweetsなので、少しのメーブルシロップだけを加えて

あとは自然な紫さつまいもの甘さで。上にはモロヘイヤパウダーをスプリンクルして☆


d0173197_013289.jpg

バゲット風のFicelle(フランスパンの一種で”ひも”の意味)。

強力粉と全粒粉で、いつもの”あこ天然酵母”で麹の甘さと

塩味だけで小麦の風味を存分に引き出せる、おいしさ。

手前は玄米粉&黒豆入り。

玄米粉の香ばしい香りと黒豆の相性が抜群!


d0173197_0161476.jpg
紫いものモンブランの下地スポンジは。。

全粒薄力粉・強力粉・BP・塩、

そして、ゴマ油・メープルシロップ・豆乳・

柚子ゼスト(レモン皮でもOK)・バニラエッセンス。


d0173197_0193420.jpg

寺田本家さんの酒粕で起こした、酒粕酵母のパン。

おなじみの、レーズンとクルミの全粒粉Bread。

あこ酵母ほどの甘さはないが、酒粕のほんのりした風味がGood☆


d0173197_025513.jpg
ヨーロッパの友人から届いたギフトの中の一品。

お庭で採れたオリーブを

オリーブオイルと天然塩で作った”本場オリーブ”☆☆

お店で販売しているのとは全く違い、

ほのかな塩味とひきしまったオリーブの

絶妙なバランスがGreat!

2003年フランスRed wineとDinnerと一緒に
(食べた後の図)


d0173197_0282598.jpg

友人に誘ってもらい、中華街の某レストランのCooking schoolにて。

一番お気に入りだった、蒸した鯛とトウチのねぎ油風味♪

春雨を下にひいて、塩・紹興酒・トウチをかけて蒸して

赤ピーマン・チャンツアイ・寝日油をかけて。

中国の発酵食品ートウチはお気に入り。


d0173197_0285874.jpg
久しぶりの中華街。

休日は賑わいを見せていた。


d0173197_0292930.jpg

帰りにMM21-横浜美術館の横からのみあげる、ランドマークタワーが

一番好きなアングルかも。。。

[PR]
by sbpoppy610 | 2013-02-14 23:31 | Food
d0173197_0395713.jpg

元旦の手作りお節料理☆

根菜の純粋な甘さが、身体にスーッと入っていく自然栽培のお野菜に、有機調味料で味付けで。

やさしい味わいでおいしく出来上がり♪

根菜のマリネ・黒豆・テンペの味噌松風・炒めなますのゆず釜・えび・安納いもきんとん。



d0173197_0411715.jpg
家の前の通りから見える、

ランドマークの眺め。

毎年お正月は

空気がきれいで

空もキレイ☆


d0173197_0513716.jpg
元旦に

地元の神社にて

お参りへ。

d0173197_0452472.jpg
おみくじ引いて

ゆっくりとした時間。。。


d0173197_0531275.jpg

12月下旬、ミシガンから帰国した友人とランチへ。

生粋の日本料理をいただく。

薄口の味付けに、新鮮な材料でとてもおいしい。

一つ一つが丁寧な味わいと盛り付けでホットできる。。


d0173197_0535586.jpg
人を魅了させる盛り付け、

それぞれを見て楽しみ、

そして味わう。

友人もとても喜んでくれた。


d0173197_0541430.jpg
デザートの洋ナシの寒天。

自然の甘さと

やさしい口当たりが

ちょうどよい。


d0173197_05581.jpg
みなとみらい周辺の景色を一望できる、

すばらしい眺め。



今年も皆さまにとって、

健やかで

すばらしい年でありますように。。。

[PR]
by sbpoppy610 | 2013-01-03 22:12 | Food
d0173197_18572093.jpg

夏にぴったり、押し麦と一緒に根菜を色々入れて、ダブル繊維を摂取できる、リゾット。

にんにく、玉ねぎ、にんじん、シメジ、ジャガイモ、Olive oil, Vegeブイヨン、塩麹、

白ワインの代わりに料理用酒、パセリの代わりに自家製イタリアンパセリを材料として。


d0173197_1902532.jpg
野菜StickとTofu ハーブDip。Dipの上には

自家製Basilを飾って。

あり合わせの、ニンジン、大根、

そしてトマトをStickに見立てて☆


材料は、絹豆腐、ケッパー(みじん切り)、Olive oil, レモン汁、Basil、S/P.

d0173197_1905635.jpgd0173197_1911852.jpg

↑ハーブクランチは、Dryパン粉、Olive oil, にんにく(みじん切り)、塩麹、アーモンド(みじん切り)を材料として。

玄米フレークも入れば、さらにクランチーになるが、なくてもOK.

これをDipの上につけると、とても軽さが出る☆


d0173197_1945094.jpg

こちらは、Summer Party料理教室のプレゼンテーション。華やか♪

d0173197_1951156.jpg
押し麦は。。。

加工した大麦のことであり、大麦は昔から日本人が

食べてきた雑穀。

大麦を水で精白し、蒸しながらローラーでつぶすという方法

で作られた、”押し麦”が開発されると、大麦をそのまま

食べるよりも、非常においしく大麦を食べられる為、

急速に広まっていったという。


押し麦をご飯に混ぜて炊けば、食べる際に、豊富な食物繊維を摂取できる♪

押し麦の食物繊維は、さつまいもの4倍、お米の19倍、ごぼうの2倍も含まれている!

とてもやわらかくて、食べやすく、もちもち感があるので、スープにもとても合う。

この夏を乗り切るにはかなりオススメな穀物☆☆☆
[PR]
by sbpoppy610 | 2012-07-17 23:05 | Food
d0173197_12513962.jpg

昨日、種を作り発酵させて、冷蔵庫でさらに発酵させて、今朝焼いたフォカッチャ。

あこ酵母の甘さがほんのりして、いつものやさしい味わい、本当においしい。

国産強力粉70%と薄力粉全粒粉30%の割合で作るので、ふくらみは

強力粉のみの時より少し低くなるが、全粒粉の風味と繊維質がでるので、Good♪

ミディトマトを小さくカットしたものと、ドライトマト。

ドライトマトは色は黒っぽくなるが、味は美味。

サンドイッチとしても使えるかなと。


d0173197_12523158.jpg
昨夜作った、

Natural シンプルデザート、

”クスクストリュフ”。

想像より味がかなりおいしくて、

病みつきになる。


d0173197_12524690.jpg

メープルシロップと甜菜等で甘みをつけて、豆乳、水でクスクスを少し煮る。

やわらかくなったら、きな粉を混ぜ合わせて、冷ます。

アーモンドパウダーでもよいが、きな粉風味がかなりよい。


生チョコトリュフと思わせる食感で、お子様のおやつにもぴったり!

そしてパスタであるクスクスは満足感もあり、

大人のお菓子にも最適。

周りの衣は、ココナッツフレーク、有機ココアパウダー、きな粉。

ピスタチオなどのナッツを衣にしても、もちろんGood♪

無糖アプリコットジャムかマーマーレード(今回使用)お団子状にした

クスクスの周りにつけて、衣をつける。



d0173197_13224530.jpg

クスクスの量を減らすか、またはなくして、

この中にナッツとドライフルーツをいれれば、

エナジーボールに変身。

それを持ち歩けば、おやつに最適♪

[PR]
by sbpoppy610 | 2012-06-20 13:24 | Food
d0173197_623450.jpg

2月初めから、アメリカ東海岸にあるマサチューセツ州に滞在中。
マクロビオティックアカデミーの本校である、Kushi Institute が、
Hartford国際空港から車で約90分のところにある、Becketという小さな街にある。 
創設者である、Kushi Michio氏が最初に建てた学校でもある。

基本のLevel1を日本校 クシマクロビオティックアカデミー(恵比寿・川崎)で学び、
Level2をこちらで勉強中。
朝7時から夕方までびっしりのスケジュールに、時々夜8時半まで授業の日々もあり。
テスト勉強や復習もあるので、ゆっくり本を読む時間もないほどである。



上写真は豪華Menuが出されるある金曜のMenu. 

セイタンとTofuのバーベキュー風串焼き。麦ご飯と野菜色々の混ぜご飯、サラダ、蒸し野菜(根菜)、

プレスサラダ(塩もみ)、ピクルス(手作り漬物)、そして カリフラワースープに甘酒ムース。

最初の金曜にこんなにおいしいお料理が出されて気分も上がり、ボリュームたっぷり♪

基本的に、ブッフェスタイルで自分の好きな物を自分で盛る。

d0173197_6161790.jpg

↑ アカデミーの入り口付近。
左がMain Office、右後ろのMain House(広い部屋・短期滞在希望の生徒用)は
アンティーク調家具があり、ステキなお部屋や授業で使用するキッチンがある。

d0173197_6242566.jpg

↑ 周りは全て山と林に囲まれて、空気と水がとてもおいしい。
上記写真の右側の情景。前には林が広がる。

d0173197_6272140.jpg

↑ Main Houseアップ。昔はどなたかのお屋敷だったよう。立派な建物で、きちんと保たれている。

d0173197_627502.jpg

ちょうどMain officeの後ろに連なる建物の中の一角。
私達が滞在している部屋、教室、そしてキッチンなど。

この建物の一番左側の2階が私の滞在している部屋(しかしこの後、別の部屋へ移動)。
1階がちょうどキッチンとダイニングルームになる。

d0173197_65523100.jpg


↑ 毎日の散歩コースの道。
空気が本当においしくて、夜空を見ながらの散歩は、どこまでも広がる星屑にうっとりする。

d0173197_733624.jpg

お散歩コース2。これは倉庫だと思われるが、木造の素朴さがいい。

d0173197_74651.jpg

反対側を見ると、煙突のおうちがあり、この自然生活に暖炉はマッチする。

d0173197_7103636.jpg


↑ 手作り木彫りのクマさん2匹がお出迎えのハウス。

d0173197_716929.jpg

Amazake Pudding-ほのかな甘さと、口あたりの滑らかさがとてもおいしい。
d0173197_7212316.jpg

満月だった朝の様子(部屋から撮影) (ピントずれていて失礼。。)
月明かりだけにてらされる、早朝の情景。。

TVのない生活はとても住み心地がよい。

Kushi Institute
www.kushiinstitute.org

Face book: Kushi Institute

[PR]
by sbpoppy610 | 2012-02-29 20:31 | Food

Summer trip in August 2011

d0173197_1713534.jpg

8月始めに、第二の故郷・Santa Barbara(California)へ1週間滞在する。

学生時代2年間住んでいた親友宅へステイして、いつもの様に使い勝手がわかるこの家でリラックスできた。

SBから北へ車で10分程行った所にあるとなり街のFairviewにて、Organic Strawberryがおいしいと聞いて、早速一日目に行ってみる。

これは、まさに無人八百屋さん!とても愛らしいディスプレイ。

d0173197_1715760.jpg

100年続く有機農家で、Santa Barabaraでは有名であり、近所の人たちも大切に思い、

敬意を払っているので、持ち主が店頭にいなくても心配はしていないとの事。

100%有機農法、すべてみずみずしくておいしそう♪ 

d0173197_1774266.jpg
自分でPrice ボードを見て値段をチェックして、

この樽の中にお金をいれるシステム。

とても素朴。。。

d0173197_1784537.jpgPrice board。

それぞれ良いお値段だけれど、食べてみるとすべて納得の味わい。

私は有名なイチゴ、ズッキーニ、ラディッシュ、そしてアボカドを購入!全部で7ドル。

イチゴとラディッシュは贅沢な量で、

ズッキーニは太くてしっかりしていて、

アヴォカドはクリーミーで、

すべて驚きのおいしさ。。。感動。。。

d0173197_17134595.jpgこんなに甘くて、おいしいストロベリーは初めて食べるかもしれないと思うほどのおいしさ。。

一つのバスケットの量も豊富で、一つ一つの味がしっかりしている。

数日かけて、友人と味わって食べました。。。

とてもきれいなアヴォカドの中の様子。。。

d0173197_17144761.jpg
SBでBest Bakery in town(街で一番おいしい)といわれているBakeryからの4種類。
Blueberry scone,Multigrain roll,Zucchini muffin and Chabata.

二日目の朝は時差ぼけで早く目が覚めて、朝7時に行くと、曇りでかなり涼しい朝は人気も少なく、

すべて出来立てのホヤホヤで、幸せなひとときを過ごした。。。

d0173197_17191124.jpg
シンプルなBreakfast。
Scramble egg w/mushroom & bellpepper, Salad, and strawberry!

前日Getしたストロベリーとラディッシュも仲間に。。。ちなみにパン類はスコーン、ロール、マフィンを半分。ストロベリーはつまんだ程度でさすがにすべては食べられない。。

d0173197_17152378.jpg
一日目に、親友AlexにシンプルなJapanese foodを作る。

d0173197_17181755.jpgいつもの様に、上手なお箸さばきでペロリと完食♪

マッシュルームマーボ豆腐風、ひじきと野菜の重ね煮(写真なくてSorry),

赤ピーマンとシラントロのサラダ(ヴィネガー味)、

玄米に黒米を混ぜたライス
(今はまっている、もちもち感が良い)

そして梅干。

d0173197_17212546.jpg
Farm訪問の後に、GoletaにあるUCSB(大学)へ久しぶりに足を運ぶ。

よく図書館に勉強しに行っていたなつかしい場所。。。

シンボルでもある、鐘の塔。。。 懐かしさに浸った、一日目の午後。。。
[PR]
by sbpoppy610 | 2011-09-19 18:27 | Food
d0173197_2142221.jpg
オーガニックフェスタでの収穫野菜ブラウンマッシュルーム、ほうれん草、そして
インカのめざめ(じゃがいも)を使ったシンプルDinner。

ちなみに、他の野菜も宅配便の有機野菜を使用。
ひき肉の代わりにキノコ類を使ったマーボー豆腐。お米は玄米。
キノコによりカロリー控えめで、食物繊維が豊富。お豆腐も植物性タンパク質。

材料は。。。(約4人分)
木綿豆腐1丁(水切りしておく)、生しいたけ4枚(1cm角)、
ブラウンマッシュルーム中4個(1cm角)、長ねぎ約60g(白・緑両方使用-細斜めスライス)、
しょうが20g(みじん切り) 付け合せのごはん-有機玄米100%

調味料は。。。
①ごま油-適量、豆板醤-小さじ1/2
②ミソ-小さじ2、みりん-小さじ4、しょうゆ-小さじ1、有機鶏がらスープの素-小さじ1、
水-200ml、くず粉-小さじ2(水で溶く、片栗粉でもOK)

カンタン作り方
1.フライパンに調味料①としょうがを入れて、弱火で香りを引き出した後、中火で生しいたけ、マッシュルームを炒める。
2.1.に調味料②と木綿豆腐と長ねぎを入れて、約5分煮込む。
3.水で溶いたくず粉を2.にまわし入れてとろみをつける。
4.炊いた玄米(もしくは冷凍を解凍した物)ごはんの横に3.のキノコマーボウ豆腐を盛り付ける。

材料や調味料はお好みでクリエイトしてください。

サラダは。。。
有機ほうれん草、有機ミニトマト(別市場から)、乾燥ちりめんじゃこ、有機酢大豆(煮て有機酢につけてある物)、有機レモン汁、自然塩、有機ブラックペッパー

d0173197_21375774.jpg

今回感動したのは。。。
この”インカのめざめ”の味でした。
お兄さんに電子レンジでチンと言わていましたが、私はル・クルーゼ鍋に水を少し引いて皮のまま”蒸し煮”。芯を取り除く為、写真は少し皮がはがれています。 
甘い栗のようなこの味は塩とペッパーをかけても良いですが、そのままでも充分おいしいです。

056.gifオーガニックフェスタからの野菜達の味はとても新鮮でおいしく、このキノコマーボウ豆腐は体にやさしくて、たくさん食べられます。

人気ブログランキングへ
d0173197_22312752.jpg

[PR]
by sbpoppy610 | 2010-10-14 22:41 | Food
d0173197_1832325.jpg

d0173197_184282.jpg

           週末のワインのお供に、お子様のおやつに、
       そして友達と集まって好きな具材をトッピングして作ると楽しそう!
           家にある野菜・食材ですぐできるシンプルPizza。
       電子レンジのオーブントースターで約8分~9分でこんがり出来上がり。


d0173197_17591882.jpg”ちょピッツア” という可愛らしいネーミングで販売。以前もご紹介した横浜ジョイナスの地下にある”Queen's ISETAN”(クイーンズ・イセタン)
購入。

チーズセクションにあります。
現在10枚入りで138円。
生地も少し厚みがあり、しっかりしています。

d0173197_17533920.jpg材料はシンプルでいたってカンタンです。
作り方を材料と一緒にざっと書きますね。
今回は使用していませんが、定番トマトソースを使ったり、お好きな様にクリエイトしてください。
ぎょうざの皮を使ってもできます。
薄さによって、温度を時間を調節。

*ミニトマト、ピーマン、グリーンオリーブPizza(写真手前)
作り方
1.1/4カットしたミニトマト、細切りピーマン、スライス玉ネギをオリーブオイルで和える。塩・粗挽き黒コショウ、オレガノ(ドライ)を加えて混ぜる。

2.生地の外周り1cm程にオリーブオイルを塗る。1.とグリーンオリーブをのせる。

3.電子レンジのオーブントースターでこんがり周りが焼ける程、約9分~10分焼く。(お宅のレンジによる)
*グリーンオリーブはなくてもOK.保存していたので入れてみました。
塩味がついておいしい。


*ブルーチーズ・ペアー・ウォールナッツPizza(右写真左奥)
作り方
1.生地にオリーブオイルを全体にまんべんなくひく。

2.薄くスライスした洋なしと、すでに炒ってあり細かく切ったクルミをのせる。

3.オーブントースターで9~10分焼いた後に、小さくちぎったブルーチーズをまぶす。
*洋なしの代わりに、りんごでもおいしいそうですね。
d0173197_18105469.jpg*ツナ・ミニトマト・ケッパーPizza作り方
1.缶から出したツナを少量のマヨネーズ、有機レモン汁、塩・黒コショウを適量入れて混ぜておく。
2.生地全体にまんべんなくオリーブオイルをのばし、ホウレンソウの葉を一枚のせる。
3.2.の上に1.ミニトマト、ケッパーをのせる。
4.オーブントースターで9~10分焼いた後に、バジルの葉をちょこんとのせる。
(バジルあれば)


d0173197_18122850.jpg*フィグ・ブルーチーズ・くるみのPizza
(右写真下)

作り方
洋ナシPizzaのフィグに変えたバージョン。
1.生地にオリーブオイルを全体にまんべんなくひく。

2.小さく切ったドライフィグと、すでに炒ってあり細かく切ったクルミをのせる。

3.オーブントースターで9~10分焼いた後に、小さくちぎったブルーチーズをまぶす。

*右写真真ん中は、最後に余った材料をのせてみました。ケッパーとオリーブで色がやや地味ですが味は美味。
*ドライフィグがなくても、レーズンやプルーンなどのドライフルーツでもおいしそう。ちなみにドライフィグもクイーンズ・イセタンでお手軽価格で購入


人気ブログランキングへ←応援ありがとうございます.

d0173197_18155034.jpg
外を歩いていると、キンモクセイの香りがしてきたり、秋の花々を目にします。秋到来。。
[PR]
by sbpoppy610 | 2010-10-07 18:40 | Food